ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

投稿日:2017年3月4日 更新日:

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。
シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクトにアクセスできるようになります。

構文

以下、構文です。

CREATE SYNONYM <シノニム名> FOR <対象オブジェクト>;

サンプル

例)TAROスキーマのM_PREFテーブルに'TBL01'とシノニム名を付ける

メモ

  • 別スキーマのオブジェクトに対してシノニムを作成すると、あたかも自スキーマ内のオブジェクトのようにアクセスできるので大変便利です。
  • シノニムを作成するオブジェクトにアクセスする権限は必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 既存テーブルの末尾にカラムを追加する

既存テーブルの末尾にカラムを追加するには、ALTER TABLE句を使用します。 構文 (テーブルにカラムを追加する構文 ...
ORACLE

[ORACLE] ORACLEクライアントが複数インストールされている環境で、どのORACLEクライアントが使われているか調べる

ORACLEクライアントが複数インストールされているマシンで、現在どのORACLEクライアントが使われているか調べる方法 ...
ORACLE

[データディクショナリ] インデックスの情報を取得する

INDEX(索引)の情報を参照するには、 INDEXESデータディクショナリビューを参照します。 INDEXESデータデ ...
ORACLE

[ORACLE] SEQUENCEから値を取得する

シーケンスから値を取得するサンプルです。 最新の値を発番して取得する(NEXTVAL) 最新の値を発番して取得するには、 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域にデータファイルを追加する

表領域にデータファイルを追加するSQLです。 構文 例)表領域にデータファイルを追加するSQL [crayon-5e2e ...

スポンサーリンク