ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

投稿日:2017年3月4日 更新日:

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。
シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクトにアクセスできるようになります。

構文

以下、構文です。

CREATE SYNONYM <シノニム名> FOR <対象オブジェクト>;

サンプル

例)TAROスキーマのM_PREFテーブルに'TBL01'とシノニム名を付ける

メモ

  • 別スキーマのオブジェクトに対してシノニムを作成すると、あたかも自スキーマ内のオブジェクトのようにアクセスできるので大変便利です。
  • シノニムを作成するオブジェクトにアクセスする権限は必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[集計関数] 合計値を求める(SUM)

検索結果を集計して合計値を求めるには、SUMを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...
ORACLE

[ORACLE] 権限・ロールの付与を行う

権限・ロールの付与を行うには、GRANTを使用します。 構文 (権限・ロールの付与を行う) GRANT <権限名、ロール ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列中の文字を置き換える(REPLACE)

文字列中の文字を置き換えるには、REPLACE関数を使用します。 構文 (REPLACE構文) REPLACE(<対象文 ...
ORACLE

[PL/SQL] 動的SQLでSELECT文を実行する

PL/SQL上で動的なSELECT文を実行するには、EXECUTE IMMEDIATE~INTOを使用します。 サンプル ...
ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...

スポンサーリンク