ORACLE操作

[ORACLE] sysユーザとsystemユーザの違い

投稿日:

オラクルの管理者権限であるsyssystemの違いをまとめてみました。

sysとsystemの比較

sysユーザ

  • SYSDBA権限を保持(インスタンス管理権限+データベース管理権限)
  • オラクルの起動・停止ができる
  • 制御ファイルのバックアップやリカバリができる
  • 接続時は「as sysdbaまたはas sysoper」で接続する

systemユーザ

  • DBA権限を保持(データベース管理権限)
  • オラクルの起動・停止はできない
  • 制御ファイルのバックアップやリカバリはできない

上記を見て頂くと分かる通り、断然sysの方が強い権限があります。

sysとsystemの使い分け

sysとsystemの使い分けとしては以下のようになるかと思います。

sysユーザ

  • オラクルの起動、停止をする時
  • オラクルのリカバリをする時

systemユーザ

  • オラクルユーザを管理する
  • テーブルなどのオブジェクトを管理する

解説

  • sysもsystemも一般ユーザに比べればとてつもなく強い権限を持っているので、 使う必要が無いときは極力使わないようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク