ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを復活させる

投稿日:2017年6月6日 更新日:

リサイクルビンからテーブルを復活させる方法です。

リサイクルビンとは、Windowsでいう「ゴミ箱」と同様のものです。

手順

手順1)復活させるテーブルのRECYCLEBIN名を取得する

「show recyclebin」コマンドで、RECYCLEBIN内のオブジェクト一覧が表示されます。

SQL*Plus
SQL> show recyclebin ORIGINAL NAME RECYCLEBIN NAME OBJECT TYPE DROP TIME ---------------- ------------------------------ ------------ ------------------- M_USER BIN$lnPd4oBGQ2qguRDdKn8L1e==$0 TABLE 2017-05-01:16:38:42 M_DEPT BIN$vIAs7wFwHsoU9uVxILt3Y0==$0 TABLE 2017-05-01:16:40:15 SQL>

手順2)RECYCLEBIN名を指定して復活させる

手順1で表示されたRECYCLEBIN名を指定します。
(M_USERテーブルを復活させたい場合は以下のように指定します。)

SQL*Plus
SQL> FLASHBACK TABLE "BIN$lnPd4oBGQ2qguRDdKn8L1e==$0" TO BEFORE DROP; フラッシュバックが完了しました。

解説

  • RECYCLEBIN内のオブジェクトを空にしたい場合は、「PURGE RECYCLEBIN」コマンドを使用します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] テーブルにひも付くINDEX名を確認する

テーブルにひも付くINDEX名を確認する方法です。 サンプル 例)テーブルにひも付くINDEX名を確認するSQL [cr ...
ORACLE

[SQL*Plus] オラクルにログインする

SQL*Plusでオラクルにログインするには、sqlplusコマンドを使用します。 構文 (sqlplusコマンドの構文 ...
ORACLE

[ORACLE] 同じ構成の2つのテーブルのデータの差分を取得するSQL

同じ構成の2つのテーブルの差分を取得するSQL文です。 サンプルSQL 例)同構成の2つのテーブル「m_dept1」「m ...
ORACLE

[SQL] SELECT文の中で条件判定を行う(DECODE)

SELECT文の中で条件分岐を行うには、DECODE関数を使用します。 構文 DECODEの構文は以下の通りです。 (構 ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFunction

現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFUNCTIONサンプルです。 サンプルソース 例)現在日付をYYYYMMD ...

スポンサーリンク