ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] 表領域の情報を取得する

投稿日:2017年3月11日 更新日:

TABLESPACE(表領域)の情報を参照するには、
TABLESPACESデータディクショナリビューを参照します。

TABLESPACESデータディクショナリの種類

TABLESPACESデータディクショナリビューには以下2種類があります。

【TABLESPACESデータディクショナリビューの種類】
DBA_TABLESPACES全てのTABLESPACE情報を対象とする ※権限が必要
USER_TABLESPACESログインユーザがアクセス可能なTABLESPACEを対象とする

TABLESPACESデータディクショナリの定義

TABLESPACESデータディクショナリの定義です。

(DBA_TABLESPACES/USER_TABLESPACESの違いは、PLUGGED_IN列のありなしのみです。)

【TABLESPACESデータディクショナリ】
列名メモ
TABLESPACE_NAMEVARCHAR2(30)表領域名
BLOCK_SIZENUMBERブロックサイズ(バイト)
INITIAL_EXTENTNUMBER初期エクステントサイズ(バイト)
NEXT_EXTENTNUMBER増分エクステントサイズ(バイト)
MIN_EXTENTSNUMBERエクステントサイズの最小値
MAX_EXTENTSNUMBERエクステントサイズの最大値
MAX_SIZENUMBERセグメント最大サイズ
PCT_INCREASENUMBER
MIN_EXTLENNUMBER
STATUSVARCHAR2(9)表領域のステータス
※ONLINE/OFFLINE/READ ONLY
CONTENTSVARCHAR2(9)表領域の種類
※UNDO/PERMANENT/TEMPORARY
LOGGINGVARCHAR2(9)ロギング状態
※LOGGING/NOLOGGING
FORCE_LOGGINGVARCHAR2(3)強制ロギングモードかどうか
(YES:強制ロギングモード NO:否)
EXTENT_MANAGEMENTVARCHAR2(10)エクステント管理方法
(DICTIONARY:ディクショナリ管理 LOCAL:ローカル管理)
ALLOCATION_TYPEVARCHAR2(9)エスステント割当てタイプ
(SYSTEM/UNIFORM/USER)
PLUGGED_INVARCHAR2(3)プラグインかどうか
(Y:プラグイン N:プラグインでない)
※DBA_TABLESPACESのみの項目です
SEGMENT_SPACE_MANAGEMENTVARCHAR2(6)
DEF_TAB_COMPRESSIONVARCHAR2(8)デフォルトの表圧縮
(ENABLED:使用可 DISABLED:使用禁止)
RETENTIONVARCHAR2(11)
BIGFILEVARCHAR2(3)YES:BIGFILE表領域 NO:SMALLFILE表領域
PREDICATE_EVALUATIONVARCHAR2(7)
ENCRYPTEDVARCHAR2(3)暗号化されているかどうか
(Y:暗号化 N:非暗号化)
COMPRESS_FORVARCHAR2(12)

サンプル

TABLESPACESデータディクショナリビューを検索するサンプルです。

例)自身が参照できるTABLESPACE名の一覧を取得する

例)一時表領域の一覧を取得する

メモ

  • TABLESPACE_NAMEを検索条件とする場合、TABLESPACE名は必ず大文字で指定してください。
  • DBA_TABLESPACESを検索する場合は、すべてのTABLESPACEを参照する権限が必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-00972: 識別子が長すぎます

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00972: 識別子が長すぎます (英語) ORA-00972: ide ...
ORACLE

[SQL*Plus] 画面をクリアする(clear screen)

SQL*Plusコンソール画面をクリアするには、clear screenコマンドを使います。 サンプル 例)SQL*Pl ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル名やカラム名に予約語を使う

テーブル名やカラム名には通常、予約語(SELECTとかINSERTなど)は使用できませんが、ダブルクォーテーションで囲う ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 年月日から消費税率を返すFunction

YYYYMMDD形式の日付文字列を渡すと、対象日の消費税率を返すFunctionです。 サンプルFunction 例)年 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 日付型の差分を月で取得する(MONTHS_BETWEEN)

日付型の差分を月で取得するには、MONTHS_BETWEENを使用します。 構文 (日付1と日付2の月差を取得する) M ...

スポンサーリンク