ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] 実行したSQLをファイルに出力する(save)

投稿日:

実行したSQLをファイルに出力するには、saveコマンドを使用します。

構文

(構文)
save <ファイル名> [REPLACE | APPEND]

既に同名のファイル名が存在する場合で上書したい場合は、REPLACEを指定します。

既に同名のファイル名が存在する場合で追記したい場合は、APPENDを指定します。

サンプル

例)実行したSQL文を、hoge.txtファイルに保存する

SQL*Plus
SQL> select sysdate from dual; SYSDATE -------- 19-03-24 SQL> save hoge.txt file hoge.txtが作成されました。 SQL>

既に同名ファイルが存在する場合は以下エラーが発生します。

SQL*Plus
SP2-0540: ファイル"hoge.sql"はすでに存在しています。 "SAVE filename[.ext] REPLACE"を使用してください。

この場合は、REPLACEまたは、APPENDを指定してください。

結果

ファイルには以下のように記録されます。

(hoge.txt)
select sysdate from dual /

解説

  • saveコマンドは、SQL*Plusのコマンドです。
  • 拡張子を省略した場合は、.sqlが使用されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] バッファをクリアする

バッファをクリアするには、clear sqlを使用します。 サンプル 例)バッファのクリア前確認・クリア・クリア後確認を ...
ORACLE

[ORACLE] ビューを作成・変更・削除する

ビューを作成・変更・削除するサンプルです。 ビューを作成・変更する ビューを作成/変更するには、CREATE VIEW句 ...
ORACLE

[データディクショナリ] データベースファイルの情報を取得する

データベースファイルの情報を参照するには、 DBA_DATA_FILESデータディクショナリビューを参照します。 DAT ...
ORACLE

[SQL] 「'」シングルクォーテーションを値として使用する

SQLでシングルクォーテーションを値として使用するには、シングルクォーテーションを2つ重ねて記述すればOKです。 サンプ ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。 サンプル 例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL [ ...

スポンサーリンク