ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 日付型を比較する

投稿日:

日付型どうしを比較するには、不等号記号で比較すればOKです。

サンプル

例)test_tbl.dt列(DATE型)が'2018/01/20 10:20:30'と等しいレコードを抽出する

解説

  • DATE型同士を比較するには、イコール「=」で比較すればOKです。
  • ただし、全ての要素(年月日時分秒)を比較するので注意が必要です。
  • 年月日のみで比較したい場合は、DATE型をTRUNCで時間以下を切り捨てる等の記述が必要です。
    例)sysdateの時分秒を切り捨てる ⇒ TRUNC(sysdate)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] ハッシュ値を取得する(ORA_HASH)

オラクルでハッシュ値を取得するには、ORA_HASH関数を使用します。 構文 (ORA_HASH構文) ORA_HASH ...
ORACLE

[集計関数] 最大値、最小値を求める(MAX, MIN)

検索結果を集計して最大値、最小値を求めるには、MAXまたはMINを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00439: 機能は有効ではありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00439: 機能は有効ではありません:xxx (英語) ORA-004 ...
ORACLE

[ORACLE] 排他制御に使用する日時文字列パターン

システムで排他制御に日時文字列を使用することが多いですが、オラクルから日時文字列を取得する場合のパターン例です。 サンプ ...
ORACLE

[V$表] 実行されたSQLの情報を取得する(V$SQL)

実行されたSQLの情報を参照するには、V$SQLビューを参照します。 V$SQLの定義 V$SQLの定義です。 【V$S ...

スポンサーリンク