ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 日付型を比較する

投稿日:

日付型どうしを比較するには、不等号記号で比較すればOKです。

サンプル

例)test_tbl.dt列(DATE型)が'2018/01/20 10:20:30'と等しいレコードを抽出する

解説

  • DATE型同士を比較するには、イコール「=」で比較すればOKです。
  • ただし、全ての要素(年月日時分秒)を比較するので注意が必要です。
  • 年月日のみで比較したい場合は、DATE型をTRUNCで時間以下を切り捨てる等の記述が必要です。
    例)sysdateの時分秒を切り捨てる ⇒ TRUNC(sysdate)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 権限・ロールの剥奪を行う

権限・ロールの剥奪を行うには、REVOKEを使用します。 構文 (権限・ロールの剥奪を行う) REVOKE <権限名、ロ ...
ORACLE

[データディクショナリ] トリガーの情報を取得する

トリガーの情報を参照するには、 TRIGGERSデータディクショナリビューを参照します。 TRIGGERSデータディクシ ...
ORACLE

[ORAエラー] PLS-00201: 識別子DBMS_LOCKを宣言してください。

以下のように表示されます。 (日本語) PLS-00201: 識別子DBMS_LOCKを宣言してください。 (英語) P ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00972: 識別子が長すぎます

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00972: 識別子が長すぎます (英語) ORA-00972: ide ...
ORACLE

[PL/SQL] テーブルと同じROWTYPEを定義する

既に存在するテーブルと同じTYPEを定義するには、%ROWTYPEを使用します。 サンプル M_PREFというテーブルを ...

スポンサーリンク