ORACLE機能 SQL

[SQL] 昇順でNULL値を先頭、降順でNULL値を末尾に並べる

投稿日:

デフォルトのソートは、昇順はNULL値が最後に、降順ではNULL値が最初に並びますが、 NULL値を昇順時には先頭に、降順時には末尾に並べる方法です。

サンプル

例)昇順でNULL値を先頭に表示させる

例)降順でNULL値を末尾に表示させる

解説

  • NULL値を先頭に並べたい場合は、「NULLS FIRST」を指定します。
  • NULL値を後ろに並べたい場合は、「NULLS LAST」を指定します。
  • 昇順時にNULLS LASTを、降順時にNULLS FIRSTを指定しても、結果は指定しない場合と同じです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] データベースに接続せず、SQL*Plusのみ起動する

データベースに接続せず SQL*Plusのみ起動するには、/nologオプションを使用します。 サンプル 例)SQL*P ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 年月日から消費税率を返すFunction

YYYYMMDD形式の日付文字列を渡すと、対象日の消費税率を返すFunctionです。 サンプルFunction 例)年 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの表領域名を取得する

テーブル名とテーブルが所属する表領域名を一覧で表示するには、USER_TABLESデータディクショナリを検索すればOKで ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00439: 機能は有効ではありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00439: 機能は有効ではありません:xxx (英語) ORA-004 ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] マテリアライズドビューの再計算を行う(DBMS_MVIEW.REFRESH)

マテリアライズドビューの再計算を手動で行うには、DBMS_MVIEW.REFRESHパッケージを使用します。 サンプル ...

スポンサーリンク