ORACLE操作 ORACLE機能 サンプル共通関数

[サンプル共通関数] 現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFunction

投稿日:2017年8月21日 更新日:

現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFUNCTIONサンプルです。

サンプルソース

例)現在日付をYYYYMMDD形式で返す

実行例

SQL*Plus
SQL> SELECT F_GET_NOW_YYYYMMDD() FROM dual; F_GET_NOW_YYYYMMDD() --------------------- 20170821

解説

  • ソース内で、TO_CHAR(SYSDATE, 'YYYYMMDD')とやれば同様の事は実現できますが、Function化しておくとメンテナンス性が良くなるためおすすめです。
  • フォーマット形式を変更したい場合は、5行目の'YYYYMMDD'を変更してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能, サンプル共通関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] データベースファイルの情報を取得する

データベースファイルの情報を参照するには、 DBA_DATA_FILESデータディクショナリビューを参照します。 DAT ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。 (英語) ORA-12 ...
ORACLE

[ORACLE] 権限・ロールの付与を行う

権限・ロールの付与を行うには、GRANTを使用します。 構文 (権限・ロールの付与を行う) GRANT <権限名、ロール ...
ORACLE

[SQL] 副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とする(EXISTS)

副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とするには、EXIST句を使用します。 サンプル 例)TBL_AからTBL_ ...
ORACLE

[ORACLE] sqlplus接続時に接続文字列ではなく、IPやSIDで接続する

sqlplusでデータベースに接続する時に、通常はtnsnames.oraに設定した接続文字列で接続しますが、接続文字列 ...

スポンサーリンク