ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] OSのコマンドを実行する(host)

投稿日:

SQL*PlusからOSのコマンドを実行するには、hostを使用します。

構文

(OSのコマンドを実行する)
host <OSのコマンド>

サンプル

例)SQL*PlusからWindowsコマンドの「dir」を実行する

実行例
SQL> host dir ドライブ C のボリューム ラベルがありません。 ボリューム シリアル番号は 7RD8-E0G5 です c:\test のディレクトリ 2017/03/30 12:26 <DIR> . 2017/03/30 12:26 <DIR> .. 2017/03/30 12:37 <DIR> hoge 0 個のファイル 0 バイト 3 個のディレクトリ 8,381,874,256 バイトの空き領域 SQL>

解説

  • SQL*Plusからログアウトしなくても、OSのコマンドを実行できるので大変便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] プロシージャの情報を取得する

プロシージャ(PROCEDURE)の情報を参照するには、 PROCEDURESデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[ORACLE] シノニムの参照先オブジェクトを調べる

シノニムの参照先オブジェクトを調べるサンプルSQLです。 サンプル 例)シノニム名「syn01」の参照先を表示する [c ...
ORACLE

[ORACLE] プロファイル毎のパスワード有効期限を確認するSQL

プロファイル毎のパスワード有効期限を確認するSQLです。 サンプル 例)各プロファイルのパスワード有効期限を参照するSQ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています ...
ORACLE

[ORACLE] タイムゾーンを取得する

タイムゾーンを取得するには DBTIMEZONE、SESSIONTIMEZONE を使用します。 サンプル 例)データベ ...

スポンサーリンク