ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SGAの情報を表示する(show sga)

投稿日:2017年5月28日 更新日:

SQL*PlusでSGAの情報を表示するには、show sgaコマンドを使います。

サンプル

例)SGAの情報を表示する

SQL*Plus
SQL> show sga Total System Global Area 3208534260 bytes Fixed Size 2021038 bytes Variable Size 1858753656 bytes Database Buffers 729877212 bytes Redo Buffers 42827308 bytes SQL>

解説

値の意味は以下の通りです。

  • Total System Global Area :SGAの合計メモリサイズ
  • Fixed Size :割り当て済みメモリサイズ
  • Variable Size :割り当てが可能なメモリサイズ
  • Database Buffers :バッファキャッシュのメモリサイズ
  • Redo Buffers :REDOログバッファのメモリサイズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] システムの情報を取得する(SYS_CONTEXT)

システムの情報を取得するには、SYS_CONTEXT関数を参照します。 構文 (構文) sys_context('use ...
ORACLE

[SQL*Plus] SELECT結果の列幅を指定する

SELECT結果の列幅を指定するサンプルです。 構文 (SELECTの結果の列幅を指定する) COLUMN <列名> F ...
ORACLE

[ORACLE関数] ハッシュ値を取得する(ORA_HASH)

オラクルでハッシュ値を取得するには、ORA_HASH関数を使用します。 構文 (ORA_HASH構文) ORA_HASH ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の差分抽出する(MINUS)

2つのSELECT結果の差分を抽出するには、MINUSを使用します。 厳密にいうと、最初のSELECT結果から後のSEL ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムア ...

スポンサーリンク