ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SGAの情報を表示する(show sga)

投稿日:2017年5月28日 更新日:

SQL*PlusでSGAの情報を表示するには、show sgaコマンドを使います。

サンプル

例)SGAの情報を表示する

SQL*Plus
SQL> show sga Total System Global Area 3208534260 bytes Fixed Size 2021038 bytes Variable Size 1858753656 bytes Database Buffers 729877212 bytes Redo Buffers 42827308 bytes SQL>

解説

値の意味は以下の通りです。

  • Total System Global Area :SGAの合計メモリサイズ
  • Fixed Size :割り当て済みメモリサイズ
  • Variable Size :割り当てが可能なメモリサイズ
  • Database Buffers :バッファキャッシュのメモリサイズ
  • Redo Buffers :REDOログバッファのメモリサイズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[データディクショナリ] 制約列の情報を取得する

制約に指定されている列の情報を参照するには、 CONS_COLUMNSデータディクショナリビューを参照します。 CONS ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。 サンプル 例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL [ ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル列定義とコメントを表示する

テーブル列定義とコメントを表示するSQLです。 サンプル 例)テーブル「M_USER」の列定義とコメントを表示する [c ...
ORACLE

[V$表] ライセンス制限の情報を取得する(V$LICENSE)

ライセンス制限の情報を参照するには、V$LICENSEビューを参照します。 V$LICENSEの定義 V$LICENSE ...

スポンサーリンク