ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] バインド変数を使用したSQLでバインド変数の中身を参照する

投稿日:

バインド変数を使用したSQLでバインド変数の中身を参照するサンプルです。

サンプル

①バインド変数を使用したSQLを実行

②実行したSQLのSQL_IDを確認する

③SQL_IDを条件として、v$sql_bind_capture を検索

②で取得したSQL_IDを条件として検索します。

結果例
NAME DATATYPE_STRING VALUE_STRING ----- ---------------- -------------- :B1 NUMBER 10

:a は :B1に置き換わります。

解説

  • v$sql_bind_captureを参照すると、バインド変数の中身を見ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] ストアドオブジェクトのエラー情報を取得する

ストアドオブジェクトのエラー情報を参照するには、XXX_ERRORSデータディクショナリビューを参照します。 XXX_E ...
ORACLE

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。 シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクト ...
ORACLE

[SQL*Plus] 列ヘッダの区切り線を設定する(set underline)

列ヘッダの区切り線を設定するには、「underline」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show und ...
ORACLE

[ORACLE] 数値を通貨表記する

数値を通貨表記するサンプルです。 サンプル 例)数値1234567を通貨表記する [crayon-5e2585ac614 ...
ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを復活させる

リサイクルビンからテーブルを復活させる方法です。 リサイクルビンとは、Windowsでいう「ゴミ箱」と同様のものです。 ...

スポンサーリンク