ORACLE機能 ORAエラー

[ORAエラー] ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません

投稿日:2018年8月24日 更新日:

以下のように表示されます。

(日本語)
ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません
(英語)
ORA-12514: TNS:listener does not currently know of service

発生パターン

このエラーは以下のような場合に発生します。

  • リスナーがSIDを認識していない
  • tnsnames.oraに定義したSIDが間違っている
  • データベースが起動していない
エラー例
C:¥>sqlplus hoge/pass@db01 SQL*Plus: Release 12.2.0.1.0 Production on 水 8月 1 10:29:09 2018 Copyright (c) 1982, 2017, Oracle. All rights reserved. ERROR: ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません ユーザー名を入力してください:

対処法

  • リスナーを再起動する (※再起動は以下ページをご覧ください。)
    [ORAエラー] ORA-12541: TNS: リスナーがありません。
  • tnsnames.oraのSIDの定義(SERVICE_NAME)が間違っていないか確認する
  • データベースが何かしらの原因で起動に失敗していないか確認する
    (ディスクが一杯になってしまっているなど)
(tnsnames.oraの例)
db01 = (DESCRIPTION = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 99.99.99.99)(PORT = 1521)) (CONNECT_DATA = (SERVER = DEDICATED) (SERVICE_NAME = ***) ) )

***の部分が間違っていないか確認ください。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORAエラー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] ファイルに記述されたSQLを実行する(@)

SQL*Plusで、ファイルに記述されたSQLを実行する方法です。 サンプル 以下のファイルをC:¥に置いたとし ...
ORACLE

[SQL*Plus] 自動コミットを設定する(set autocommit)

自動コミットを設定するには、「autocommit」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show autoc ...
ORACLE

[SQL*Plus] @と@@の違い

SQL*PlusでSQLファイルを実行するコマンド「@」と「@@」の違いです。 @と@@の違い まず「@hoge」のよう ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00917: カンマがありません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00917: カンマがありません。 (英語) ORA-00917: mi ...
ORACLE

[ORACLE関数] 順位を飛ばして順位を付ける(RANK~OVER)

順位を飛ばして順位を付けるには、RANK~OVER関数を使用します。 順位を飛ばしてとは、同順位のデータが存在する場合は ...

スポンサーリンク