ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばして順位を付ける(RANK~PARTITION BY)

投稿日:2018年11月16日 更新日:

検索結果をグループ単位で順位を飛ばして順位を付けるには、RANK~PARTITION BY句を使用します。

順位を飛ばしてとは、同値が存在した場合次の順位は連番にならないという事です。

サンプル

例)class列単位にscore列の降順で順位を付ける

【m_user】
NAMECLASSSCORE
AさんX60
BさんX70
CさんY80
DさんY70
EさんZ50
FさんX60
GさんX50

検索結果

SQL*Plus
RANKING NAME CLASS SCORE -------- --------- ------- -------- 1 Bさん X 70 2 Aさん X 60 2 Fさん X 60 4 Gさん X 50 1 Cさん Y 80 2 Dさん Y 70 1 Eさん Z 50

CLASS列単位に順位が付きます。Aさん、Fさんは同点なので同じ順位です。続くGさんは2位が2名いたため4番になります。

備考

  • 同率同順の場合は同じ順位にしたり、同率同順の次の順位は飛び番としたりしたい場合は、下記関連ページをご覧ください。

関連ページ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] 表領域の情報を取得する

TABLESPACE(表領域)の情報を参照するには、 TABLESPACESデータディクショナリビューを参照します。 T ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00917: カンマがありません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00917: カンマがありません。 (英語) ORA-00917: mi ...
ORACLE

[ORACLE] 日付フォーマットに日本語の「年月日」を使用する

日付フォーマットに日本語の「年月日」を使用するサンプルです。 サンプル 例)現在日時を「YYYY年MM月DD日」形式で表 ...
ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを復活させる

リサイクルビンからテーブルを復活させる方法です。 リサイクルビンとは、Windowsでいう「ゴミ箱」と同様のものです。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを ...

スポンサーリンク