ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばして順位を付ける(RANK~PARTITION BY)

投稿日:2018年11月16日 更新日:

検索結果をグループ単位で順位を飛ばして順位を付けるには、RANK~PARTITION BY句を使用します。

順位を飛ばしてとは、同値が存在した場合次の順位は連番にならないという事です。

サンプル

例)M_USER表からSCORE列の降順で順位を付ける

【m_user】
NAMESCORE
Aさん60
Bさん70
Cさん80
Dさん70
Eさん50

検索結果

SQL*Plus
RANKING NAME SCORE -------- --------- -------- 1 Cさん 80 2 Bさん 70 2 Dさん 70 4 Aさん 60 5 Eさん 50

2位が2件あるので次の順位は4位となり、3位は空き番となります。

備考


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] OSのコマンドを実行する(host)

SQL*PlusからOSのコマンドを実行するには、hostを使用します。 構文 (OSのコマンドを実行する) host ...
ORACLE

[ORACLE] 列にデフォルト値を設定/削除する

列にデフォルト値を設定/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (列にデフォルト値を設 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00903: 表名が無効です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00903: 表名が無効です。 (英語) ORA-00903: inva ...
ORACLE

[データディクショナリ] ビューの情報を取得する

VIEW(ビュー)の情報を参照するには、 VIEWSデータディクショナリビューを参照します。 VIEWSデータディクショ ...
ORACLE

[標準パッケージ] ファイルを削除する(UTL_FILE.FREMOVE)

ファイルを削除するには、UTL_FILE.FREMOVEを使用します。 構文 (ファイル存在チェックを行う) UTL_F ...

スポンサーリンク