ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばさずに順位を付ける(DENSE_RANK~PARTITION BY)

投稿日:

検索結果をグループ単位で順位を飛ばさずに順位を付けるには、DENSE_RANK~PARTITION BY句を使用します。

順位を飛ばさずとは、同値が存在した場合でも次の順位は連番になるという事です。

サンプル

例)M_USER表からSCORE列の降順で順位を付ける

【m_user】
NAMESCORE
Aさん60
Bさん70
Cさん80
Dさん70
Eさん50

検索結果

SQL*Plus
RANKING NAME SCORE -------- --------- -------- 1 Cさん 80 2 Bさん 70 2 Dさん 70 3 Aさん 60 4 Eさん 50

2位が2件存在しても次の順位は3位となります。

備考


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[ORACLE] CASE文でORA-00932が発生する場合

CASE文でORA-00932が発生する場合は、 分岐した結果の型が一致していない事が原因です。 サンプル 例えば、以下 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果のタイトルを非表示にする(set heading)

検索結果のタイトルを非表示にするには、headingを指定します。 構文 タイトルを表示する場合はon、非表示にする場合 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の表示を1ページ毎にストップさせる(set pause)

検索結果の表示を1ページ毎にストップさせるには、set pauseを使用します。 構文 ストップさせる場合はon、ストッ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを ...

スポンサーリンク