ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] レコードに順番を付ける(ROW_NUMBER~OVER)

投稿日:2018年1月29日 更新日:

レコードに順番を付けるには、ROW_NUMBER~OVER関数を使用します。

サンプル

以下データをサンプルとします。

【M_USER】
CDSCORE
10160
10270
10380
10470
10550

例1)score列の昇順に順番を表示する

昇順を表す「asc」は省略可能です。

実行結果
ROWNUM CD SCORE -------- --------- -------- 1 105 50 2 101 60 3 102 70 4 104 70 5 103 80

例2)score列の降順に順番を表示する

実行結果
ROWNUM NAME SCORE -------- --------- -------- 1 103 80 2 104 70 3 102 70 4 101 60 5 105 50

解説

  • ROW_NUMBER()は同じ値が複数ある場合でも異なる番号を表示します。
  • 同じ値の場合には同じ番号を表示させたい場合は、RANK()を使用します。

関連ページ


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 画面をクリアする(clear screen)

SQL*Plusコンソール画面をクリアするには、clear screenコマンドを使います。 サンプル 例)SQL*Pl ...
ORACLE

[PL/SQL] ループ処理中にスキップする(CONTINUE)

ループ処理中にカレント処理をスキップして次のループ処理を行うには、 CONTINUEを使用します。 サンプル 以下2つの ...
ORACLE

[ORACLE関数] セッションIDを確認する

セッションIDを確認するには、 SYS_CONTEXT('USERENV', 'SESSIONID') を使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] 値をマスキングするSQL

値を隠すためにマスキングするUPDATE文のサンプルです。 サンプル 例)m_userテーブルのaddress列の1文字 ...
ORACLE

[ORACLE] データベースに接続しているユーザ一覧を確認する

データベースに接続しているユーザ一覧を確認するSQLです。 サンプル 例)データベースにログインしているユーザ一覧を取得 ...

スポンサーリンク