ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを変更する(DBMS_SCHEDULER.SET_ATTRIBUTE)

投稿日:2018年1月30日 更新日:

スケジューラジョブの設定を変更するには、DBMS_SCHEDULER.SET_ATTRIBUTEパッケージを使用します。

サンプル

例)スケジューラジョブ「test_job」のattribute値とvalue値を変更する

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] 表の統計情報変更履歴を取得する

表の統計情報変更履歴を参照するには、XXX_TAB_STATS_HISTORYデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00932:データ型が一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00932: データ型が一致しません ORA-00932: データ型が一 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位でMIN値を取得する(MIN~OVER)

指定した単位でMIN値を取得するには、MIN~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_S ...
ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを復活させる

リサイクルビンからテーブルを復活させる方法です。 リサイクルビンとは、Windowsでいう「ゴミ箱」と同様のものです。 ...
ORACLE

[ORACLE] 値をマスキングするSQL

値を隠すためにマスキングするUPDATE文のサンプルです。 サンプル 例)m_userテーブルのaddress列の1文字 ...

スポンサーリンク