ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] 列の情報を取得する

投稿日:2017年3月26日 更新日:

テーブルの列(COLUMN)の情報を参照するには、
TAB_COLUMNSデータディクショナリビューを参照します。

TAB_COLUMNSデータディクショナリの種類

TAB_COLUMNSデータディクショナリビューには以下3種類があります。

【TAB_COLUMNSデータディクショナリビューの種類】
DBA_TAB_COLUMNS全てのカラム情報を対象とする ※権限が必要
ALL_TAB_COLUMNSログインユーザが参照可能なカラムを対象とする
USER_TAB_COLUMNSログインユーザが保持するカラムを対象とする

TAB_COLUMNSデータディクショナリの定義

TAB_COLUMNSデータディクショナリの定義です。

(DBA/ALL/USERの違いは、OWNER列のありなしのみです。)

【TAB_COLUMNSデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2(128)所有者
TABLE_NAMEVARCHAR2(128)テーブル名
COLUMN_NAMEVARCHAR2(128)列名
DATA_TYPEVARCHAR2(128)列のデータ型
DATA_TYPE_MODVARCHAR2(3)
DATA_TYPE_OWNERVARCHAR2(128)
DATA_LENGTHNUMBER列のサイズ
DATA_PRECISIONNUMBERNUMBER型の場合は10進数精度、FLOAT型の場合は2進精度、それ以外の型の場合はNULL
DATA_SCALENUMBER小数点以下の桁数
NULLABLEVARCHAR2(1)Y:NULL許可 N:NULL不許可
COLUMN_IDNUMBER
DEFAULT_LENGTHNUMBER
DATA_DEFAULTLONG
NUM_DISTINCTNUMBER
LOW_VALUERAW(1000)
HIGH_VALUERAW(1000)
DENSITYNUMBER
NUM_NULLSNUMBER
NUM_BUCKETSNUMBER
LAST_ANALYZEDDATE
SAMPLE_SIZENUMBER
CHARACTER_SET_NAMEVARCHAR2(44)
CHAR_COL_DECL_LENGTHNUMBER
GLOBAL_STATSVARCHAR2(3)
USER_STATSVARCHAR2(3)
AVG_COL_LENNUMBER
CHAR_LENGTHNUMBER
CHAR_USEDVARCHAR2(1)
V80_FMT_IMAGEVARCHAR2(3)
DATA_UPGRADEDVARCHAR2(3)
HISTOGRAMVARCHAR2(15)

サンプル

TAB_COLUMNSデータディクショナリビューを検索するサンプルです。

メモ

  • テーブル名、列名は大文字で指定してください。
  • USER_TAB_COLUMNSは、「COLS」シノニムでもアクセス可能です。
    (例)SELECT * FROM COLS;

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 自身が所有するテンポラリーテーブルの一覧を表示する

自身が所有するテンポラリーテーブルの一覧を表示するSQLです。 サンプル 例)自身が所有するテンポラリーテーブルの一覧を ...
ORACLE

[データディクショナリ] マテリアライズドビューの情報を取得する

マテリアライズドビューの情報を参照するには、 MVIEWデータディクショナリビューを参照します。 以下、マテリアライズド ...
ORACLE

[ORACLE関数] 絶対値を求める(ABS)

絶対値を求めるには、ABS関数を使用します。 構文 (絶対値を求める構文) ABS(<数値>) サンプルコード 例)-1 ...
ORACLE

[集計関数] 件数を求める(COUNT)

検索結果を集計して件数を求めるには、COUNTを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...
ORACLE

[ORACLE] ソート順をランダムに検索する

検索する毎に異なるソート順で結果を返すサンプルSQLです。 サンプル 例)M_USERテーブルからソート順をランダムに検 ...

スポンサーリンク