ORACLE機能 SQL

[SQL] NULL値が含まれる計算

投稿日:2019年7月7日 更新日:

ORACLEでNULL値を含む計算を行った場合の注意点です。

サンプル

例)100とNULLを足し算する

SQL*Plus
a := 100; b := NULL; c := a + b; -- cはNULL

計算値中にNULLがあると、ORACLEでは結果はNULLとなります。

もし、NULLを0として計算したい場合は、NVLする必要があります。

例)100とNULLを足し算する(NVLあり)

SQL*Plus
a := 100; b := NULL; c := NVL(a, 0) + NVL(b, 0); -- cは100

解説

  • 計算値にNULLが来る可能性がある場合は、NVLしておくのが安全です。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[DBMSパッケージ] エラーのトレース内容を出力する

エラーのトレース内容を出力するには、DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEを使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] 数値文字列を正しくソートする

数値文字列を正しくソートする方法です。 以下のテーブルをサンプルとします。 【M_SHAIN】 IDNAME 1鈴木 2 ...
ORACLE

[SQL*Plus] プロンプトの前に時刻を表示する(set time)

プロンプト(例:SQL>)の前に現在時刻を表示するには、set timeを使用します。 構文 時刻を表示させる場合 ...
ORACLE

[ORACLE] 日付型を比較する

日付型どうしを比較するには、不等号記号で比較すればOKです。 サンプル 例)test_tbl.dt列(DATE型)が'2 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01659: nを超えるMINEXTENTSを表領域XXXに割当てできません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01659: nを超えるMINEXTENTSを表領域XXXに割当てできま ...

スポンサーリンク