ORACLE機能 SQL

[SQL] NULL値が含まれる計算

投稿日:2019年7月7日 更新日:

ORACLEでNULL値を含む計算を行った場合の注意点です。

サンプル

例)100とNULLを足し算する

SQL*Plus
a := 100; b := NULL; c := a + b; -- cはNULL

計算値中にNULLがあると、ORACLEでは結果はNULLとなります。

もし、NULLを0として計算したい場合は、NVLする必要があります。

例)100とNULLを足し算する(NVLあり)

SQL*Plus
a := 100; b := NULL; c := NVL(a, 0) + NVL(b, 0); -- cは100

解説

  • 計算値にNULLが来る可能性がある場合は、NVLしておくのが安全です。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] キーが存在すれば更新、無ければ挿入を行う(MERGE文)

MERGE文の書き方です。 MERGE文はキーが存在すれば更新、無ければ挿入を行うという処理を 1文で記載するSQLです ...
ORACLE

[SQL*Plus] オラクルにログインする

SQL*Plusでオラクルにログインするには、sqlplusコマンドを使用します。 構文 (sqlplusコマンドの構文 ...
ORACLE

[PL/SQL] 直前に実行したSQLの処理件数を取得する(SQL%ROWCOUNT)

直前に実行したSQLの処理件数を取得するには、SQL%ROWCOUNTで取得できます。 サンプル 例)実行したUPDAT ...
ORACLE

[ORACLE] 列名を変更する(ALTER TABLE~RENAME COLUMN)

テーブルの列名を変更するには、ALTER TABLE~RENAME COLUMNを使用します。 構文 (列名変更構文) ...
ORACLE

[ORACLE] データディクショナリビューへのシノニム

オラクルでよく使用されるデータディクショナリビューは、シノニムが用意されています。 【データディクショナリビューへのシノ ...

スポンサーリンク