ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] ユーザーまたはロールに付与されたロールの情報を取得する

投稿日:2018年10月9日 更新日:

ユーザーまたはロールに付与されたロールの情報を参照するには、
XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリビューを参照します。

XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリの種類

XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリビューには以下2種類があります。

【XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリビューの種類】
DBA_ROLE_PRIVS全ての情報を対象とする ※権限が必要
USER_ROLE_PRIVSログインユーザが参照できる情報を対象とする

ALL_~ はありません。

XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリの定義

XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリの定義です。

【XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリ】
列名メモ
GRANTEEVARCHAR2(30)権限を受け取るユーザ名orロール名
GRANTED_ROLEVARCHAR2(30)対象ロール名
ADMIN_OPTIONVARCHAR2(30)ロールを付与する権限があるかないか
(YES/NO)
DEFAULT_ROLEVARCHAR2(3)デフォルトロールかどうか
(YES/NO)
COMMONVARCHAR2(3)権限が付与された方法
(YES:共通して付与 NO:ローカルで付与)

サンプル

データディクショナリビューを検索するサンプルです。

例)全てのユーザーまたはロールに付与されたロールの情報を取得する

メモ

  • ロール名を検索条件とする場合、必ず大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] SELECT文の中で条件判定を行う(DECODE)

SELECT文の中で条件分岐を行うには、DECODE関数を使用します。 構文 DECODEの構文は以下の通りです。 (構 ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルクライアントがインストールされている場所を探す

オラクルクライアントがインストールされている場所を探す方法です。 手順 オラクルクライアントがインストールされると、環境 ...
ORACLE

[SQL] 検索結果に条件分岐を行う(CASE~WHEN)

検索した結果に対して条件分岐処理を入れて、表示を変えたい場合にはCASE~WHEN句を使用します。 構文 CASE~WH ...
ORACLE

[ORACLE] ビューを作成・変更・削除する

ビューを作成・変更・削除するサンプルです。 ビューを作成・変更する ビューを作成/変更するには、CREATE VIEW句 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル名の一覧を取得する

テーブル名の一覧を取得するには、tabシノニムを検索すればOKです。 tabは、USER_TABLESデータディクショナ ...

スポンサーリンク