ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] システム変数変更時に変更前と後の値を表示するように設定する(set showmode)

投稿日:

システム変数の変更前と後の値を表示するように設定するには、「showmode」システム変数を使用します。

構文

(表示構文)
show showmode
(設定構文)
set showmode [on|off]
【設定値】
on設定前後の値を表示する
off設定前後の値を表示しない(デフォルト)

サンプル

例)showmodeをonにした後、linesize値を変えてみる

サンプル
SQL> set showmode on SQL> set linesize 1000 旧: linesize 80 新: linesize 1000

解説

  • システム変数変更時、変更前後の値が表示されるので分かりやすいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-12154: TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12154: TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした (英 ...
ORACLE

[ORACLE] 引数名を指定してファンクション、プロシージャを呼び出す

ファンクションやプロシージャの引数の指定方法には、位置表記法と名前表記法の2種類があります。 以下のようなプロシージャを ...
ORACLE

[PL/SQL] 定数を使う(CONSTANT)

PL/SQLで定数を使用するには、CONSTANTキーワードを使用します。 サンプル 例)定数を定義する [crayon ...
ORACLE

[ORACLE] 値が同じならNULLを返す(NULLIF)

値が同じならNULLを返すには、NULLIF関数を使用します。 サンプル 例)値が同じ場合 SQL*Plus SQL&g ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルにひも付くINDEX名を確認する

テーブルにひも付くINDEX名を確認する方法です。 サンプル 例)テーブルにひも付くINDEX名を確認するSQL [cr ...

スポンサーリンク