ORACLE機能

[ORACLE] パスワードの大文字小文字を区別しないようにする

投稿日:2018年9月19日 更新日:

Oracle11g以降のバージョンから、データベースにログインする時のパスワードが大文字小文字区別されるようになりました。
(むしろ、なぜ今まで区別しなかったのか謎ですが・・)

セキュリティ的に、大文字小文字を区別するようにするのがベストですが、 システムの造りのせいで、大文字小文字を区別しないようにしたい場合もあるかと思います。

そういう特殊な場合のみ、この設定を行ってください。

サンプル

例)パスワードの大文字小文字を区別しないように設定するSQL

実行例
SQL> alter system set sec_case_sensitive_logon = false scope = both; システムが変更されました。

☆現在の設定値は、sec_case_sensitive_logon初期化パラメータを確認します。

例)パスワードの大文字小文字を区別するかどうかの設定を確認する

実行例
SQL> show parameter sec_case_sensitive_logon NAME TYPE VALUE ------------------------------------ ---------- sec_case_sensitive_logon boolean TRUE

VALUEがTRUEの場合は、大文字小文字を区別します。

解説

  • sec_case_sensitive_logon をFALSEに設定するのは非推奨なので、基本的にはTRUEで運用してください。

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク