ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 直前に実行したSQLの処理件数を取得する(SQL%ROWCOUNT)

投稿日:

直前に実行したSQLの処理件数を取得するには、SQL%ROWCOUNTで取得できます。

サンプル

例)実行したUPDATEの処理件数を表示する

実行例
処理件数:1

解説

  • SQL%ROWCOUNTの対象となる件数は、直前に実行されたものが対象となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] DIRECTORYの情報を取得する

DIRECTORY(ディレクトリ)の情報を参照するには、 DIRECTORIESデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのパスワード有効期限を無期限にする

ユーザのパスワード有効期限を、無期限にする手順です。 1.対象のプロファイル確認する まずは、ユーザに設定されているプロ ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルを削除する(DROP TABLE)

テーブルを削除するには、DROP TABLE文を使用します。 構文 (テーブルを削除する) DROP TABLE <テー ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザを作成・変更・削除する

ユーザを作成・変更・削除するサンプルです。 ユーザを作成する ユーザを作成するには、CREATE USER句を使用します ...

スポンサーリンク