ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 直前に実行したSQLの処理件数を取得する(SQL%ROWCOUNT)

投稿日:

直前に実行したSQLの処理件数を取得するには、SQL%ROWCOUNTで取得できます。

サンプル

例)実行したUPDATEの処理件数を表示する

実行例
処理件数:1

解説

  • SQL%ROWCOUNTの対象となる件数は、直前に実行されたものが対象となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 日付型の差分を月で取得する(MONTHS_BETWEEN)

日付型の差分を月で取得するには、MONTHS_BETWEENを使用します。 構文 (日付1と日付2の月差を取得する) M ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQLの実行時間を測定する(set timing)

SQLの実行にかかった時間を測定するには、「timing」システムパラメータを使用します。 構文 (表示構文) show ...
ORACLE

[ORACLE関数] NVARCHAR2やNCHARに型変換する(TO_NCHAR)

VARCHAR2やCHAR型を、NVARCHAR2やNCHARに型変換するには、TO_NCHAR()関数を使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。 シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクト ...
ORACLE

[SQL*Plus] バインド変数を表示する(print)

バインド変数を表示するには、printを使用します。 構文 (構文) print <バインド変数> サンプル 例)バイン ...

スポンサーリンク