ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 直前に実行したSQLの処理件数を取得する(SQL%ROWCOUNT)

投稿日:

直前に実行したSQLの処理件数を取得するには、SQL%ROWCOUNTで取得できます。

サンプル

例)実行したUPDATEの処理件数を表示する

実行例
処理件数:1

解説

  • SQL%ROWCOUNTの対象となる件数は、直前に実行されたものが対象となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ユーザを作成・変更・削除する

ユーザを作成・変更・削除するサンプルです。 ユーザを作成する ユーザを作成するには、CREATE USER句を使用します ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル名の一覧を取得する

テーブル名の一覧を取得するには、tabシノニムを検索すればOKです。 tabは、USER_TABLESデータディクショナ ...
ORACLE

[集計関数] 最大値、最小値を求める(MAX, MIN)

検索結果を集計して最大値、最小値を求めるには、MAXまたはMINを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオフに変更する

表領域の自動拡張をオフに変更するサンプルです。 自動拡張の設定はデータファイル単位に行うため、データファイルの設定を変更 ...
ORACLE

[ORACLE] 主キーの定義内容を確認する

主キーの定義内容を確認するSQLサンプルです。 サンプル 例)mytblテーブルの主キーの定義内容(対象列)を表示する ...

スポンサーリンク