ORACLE機能 SQL

[SQL] 副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とする(EXISTS)

投稿日:

副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とするには、EXIST句を使用します。

サンプル

例)TBL_AからTBL_Bに存在する行のみ抽出する

【TBL_A】
col1col2
001a
002b
003c
004d
005e
【TBL_B】
col1col2
a100
c35
e80
SQL*Plus
col1 col2 ----- ----- 001 a 003 c 005 e

解説

  • IN句でも同様の抽出はできますが、EXIST句を使用した方がパフォーマンスが良いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] スケジューラジョブの情報を取得する

スケジューラジョブの情報を参照するには、 SCHEDULER_JOBSデータディクショナリビューを参照します。 SCHE ...
ORACLE

[ORACLE] 値が同じならNULLを返す(NULLIF)

値が同じならNULLを返すには、NULLIF関数を使用します。 サンプル 例)値が同じ場合 SQL*Plus SQL&g ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00932:データ型が一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00932: データ型が一致しません ORA-00932: データ型が一 ...
ORACLE

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばして順位を付ける(RANK~PARTITION BY)

検索結果をグループ単位で順位を飛ばして順位を付けるには、RANK~PARTITION BY句を使用します。 順位を飛ばし ...
ORACLE

[ORACLE] 権限・ロールの剥奪を行う

権限・ロールの剥奪を行うには、REVOKEを使用します。 構文 (権限・ロールの剥奪を行う) REVOKE <権限名、ロ ...

スポンサーリンク