ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] OUTパラメータのあるプロシージャを実行する

投稿日:

SQL*Plusで、OUTパラメータのあるプロシージャを実行するサンプルです。

構文

以下のコマンドを使用します。

(変数を定義する)
variable <変数名> <型>;
(変数の内容を表示する)
print :<変数名>
(実行する)
execute <コマンド>

サンプル

例)INとOUTパラメータがあるTEST_PROCを実行して、OUTの内容を表示する

SQL*Plus
SQL> variable i1 NUMBER; -- 変数i1を定義する SQL> variable o1 VARCHAR2(100); -- 変数o1を定義する SQL> execute :i1 := 5; -- i1に5を代入する PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 SQL> execute TEST_PROC(:i1, :o1); -- TEST_PROCを実行する PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 SQL> print :o1; -- OUTの内容を表示する O1 --------------- hoge

解説

  • 型はORACLEで通常使用する型を使用できます。
  • 変数を使用する時は、先頭に:(コロン)を付けるのを忘れないようご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク