ORACLE機能 SQL*Plus

[ORACLE] sqlplus接続時に接続文字列ではなく、IPやSIDで接続する

投稿日:

sqlplusでデータベースに接続する時に、通常はtnsnames.oraに設定した接続文字列で接続しますが、接続文字列ではなくIPやSIDで接続するサンプルです

構文

(sqlplus接続時にIPを直接指定する)
sqlplus <ID>/<パスワード>@<IP or ホスト名>:<ポート番号>/<SID>

ポート番号は通常、1521です。

サンプル

以下データベースに接続するサンプルです。

IP192.168.1.10
ポート番号1521
SIDtestdb
ユーザIDtaro
パスワードpass
コマンドプロンプト
C:¥>sqlplus taro/pass@192.168.1.10:1521/testdb

解説

  • tnsnames.oraを使った接続方法は以下ページをご覧ください。
    tnsnames.oraの設定

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] レコード(TYPE)の配列を作成する

レコード(TYPE)の配列を作成するサンプルです。 サンプル 例)TYPEの配列を作成して、内容を出力するプロシージャ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00917: カンマがありません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00917: カンマがありません。 (英語) ORA-00917: mi ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の前後空白を取り除く(TRIM, LTRIM, RTRIM)

文字列の前後空白を取り除くには、TRIMまたはLTRIMまたはRTRIMを使用します。 前後の空白を取り除く場合はTRI ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域が自動拡張かどうかを確認する

表領域が自動拡張かどうかを確認するSQLです。 サンプル 例)表領域が自動拡張かどうかを確認するSQL [crayon- ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域にデータファイルを追加する

表領域にデータファイルを追加するSQLです。 構文 例)表領域にデータファイルを追加するSQL [crayon-5da7 ...

スポンサーリンク