ORACLE機能 SQL

[SQL] WHERE句で範囲指定をする(BETWEEN)

投稿日:2017年3月17日 更新日:

WHERE句で範囲指定したい場合は、BETWEENを使用します。

構文

(BETWEEN構文)
<対象値> BETWEEN <開始値> AND <終了値>

サンプルソース

以下のテーブルを使用します。

【TBL_SCORE】
CDNAMESCOREEXAM_DATE
001田中502017/03/15
002小林982017/03/01
003鈴木452017/03/09
004山本722017/03/22
005遠藤832017/03/12

例)SCOREが50以上80以下の人を抽出する

結果
CD NAME SCORE ----- ------- ------- 001 田中 50 004 山本 72

例)CDが'001'以上'003以下の人を抽出する

結果
CD NAME SCORE ----- ------- ------- 001 田中 50 002 小林 98 003 鈴木 45

例)EXAM_DATEが「2017/3/10」~「2017/3/12」の人を抽出する

結果
CD NAME SCORE EXAM_DATE ----- ------- ------- ------------ 005 遠藤 83 2017/03/12

メモ

  • BETWEENは数値型/文字型/日付型など、ほとんどの型に使用できます。
  • 検索結果は、「>=」「<=」を使った大小比較と同じです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] NLSパラメータ値を確認する(NLS_DATABASE_PARAMETERS)

NLSパラメータ値を確認するには、NLS_DATABASE_PARAMETERSを検索します。 サンプル 例)NLSパラ ...
ORACLE

[ORACLE関数] UTC時刻(協定世界時)を取得する

UTC時刻(協定世界時)を取得するには、SYS_EXTRACT_UTC関数を使用します。 サンプル 例)現在日時のUTC ...
ORACLE

[データディクショナリ] 権限の付与状況を表示する

権限の付与状況を表示するには、 XXX_TAB_PRIVSデータディクショナリビューを参照します。 XXX_TAB_PR ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] エラーのトレース内容を出力する

エラーのトレース内容を出力するには、DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEを使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] JSON文字列をINSERT/SELECTする

Oracle12c(12.1)から、JSON形式のデータをカラムに登録して内容を簡単に検索することができます。 JSON ...

スポンサーリンク