ORACLE操作 ORACLE機能 サンプル共通関数

[サンプル共通関数] 正しい日付文字列かどうかチェックするFunction

投稿日:2017年3月18日 更新日:

引数に渡された値が正しい日付文字列かどうかを判定するFUNCTIONです。

サンプルソース

例)値がYYYYMMDD形式の日付文字列かどうかを判定する

使用例

例)「20170331」をチェックする

SQL*Plus
SQL> SELECT F_CHECK_YYYYMMDD('20170331') FROM dual; F_CHECK_YYYYMMDD('20170331') ------------------------------- 1

例)「20170231」をチェックする

SQL*Plus
SQL> SELECT F_CHECK_YYYYMMDD('20170231') FROM dual; F_CHECK_YYYYMMDD('20170231') ------------------------------- 0

補足

  • 正しい日付文字列の場合は1、不正な場合は0を返します。
  • NULLの場合は0を返します。
  • 日付形式を変えたい場合は、13行目のフォーマット形式を変更してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能, サンプル共通関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] SEQUENCEから値を取得する

シーケンスから値を取得するサンプルです。 最新の値を発番して取得する(NEXTVAL) 最新の値を発番して取得するには、 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 検索条件に正規表現を使う(REGEXP_LIKE)

検索条件に正規表現を使ったサンプルです。 サンプル 例)user_cdにB、Eが含まれるものを検索する [crayon- ...
ORACLE

[SQL*Plus] システム変数の一覧を表示する(show all)

システム変数の一覧を表示するには、show allコマンドを使用します。 サンプル 例)システム変数の一覧を表示する S ...
ORACLE

[ORACLE] データベースファイル作成時のデフォルトの場所を調べる

データベースファイル作成時のデフォルトの場所を確認するサンプルです。 サンプル 例)データベースファイル作成時のデフォル ...
ORACLE

[サンプル共通関数] カンマ区切り数値⇒数値にするFunction

カンマ区切りの数値文字列を数値にするFunctionサンプルです。 サンプル 例)カンマ区切り数値⇒数値にするFunct ...

スポンサーリンク