ORACLE機能 SQL

[SQL] 内部結合で結合する(INNER JOIN)

投稿日:

内部結合で結合するには、INNER JOIN句を使用します。

構文

(内部結合構文)
テーブルA INNER JOIN テーブルB ON 結合条件

SELECT文のFROM句の部分のみです。

サンプル

以下に出てくるテーブルは全てcol1列とcol2列を主キーとします。

例1)テーブル「tblA」=「tblB」で内部結合する


例2)テーブル「tblA」=「tblB」、「tblB」=「tblC」で内部結合する


例3)テーブル「tblA」=「tblB」、「tblA」=「tblC」で内部結合する

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] スクリプトファイル実行時のSQL表示/非表示を設定する(set echo)

スクリプトファイル実行時のSQL表示/非表示を設定するには、「echo」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) ...
ORACLE

[ORACLE] 制約名を変更する

制約名を変更するには、ALTER TABLE~RENAME CONSTRAINT句を使用します。 構文 (制約名を変更す ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルが属する表領域を変更する

テーブルが属する表領域を変更するには、ALTER~MOVE TABLESPACE句を使用します。 構文 (テーブルが属す ...
ORACLE

[ORACLE] 列にNOT NULL制約を追加/削除する

テーブルの列にNOT NULL制約を追加/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (N ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

スケジューラジョブを削除したい場合は、 DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。 サンプル ...

スポンサーリンク