ORACLE機能 SQL

[SQL] 内部結合で結合する(INNER JOIN)

投稿日:

内部結合で結合するには、INNER JOIN句を使用します。

構文

(内部結合構文)
テーブルA INNER JOIN テーブルB ON 結合条件

SELECT文のFROM句の部分のみです。

サンプル

以下に出てくるテーブルは全てcol1列とcol2列を主キーとします。

例1)テーブル「tblA」=「tblB」で内部結合する


例2)テーブル「tblA」=「tblB」、「tblB」=「tblC」で内部結合する


例3)テーブル「tblA」=「tblB」、「tblA」=「tblC」で内部結合する

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の先頭を大文字にする(INITCAP)

文字列の先頭を大文字にするには、INITCAPを使用します。 サンプル 例)文字列'abc'の先頭のみ大文字にする SQ ...
ORACLE

[ORACLE] シングルクォーテーションを出力する

オラクルでシングルクォーテーションを出力する方法2パターンです。 SQL文で文字列を出力するには、シングルクォーテーショ ...
ORACLE

[ORACLE] データベースに接続しているユーザ一覧を確認する

データベースに接続しているユーザ一覧を確認するSQLです。 サンプル 例)データベースにログインしているユーザ一覧を取得 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の使用量を確認する

表領域のサイズ、使用量、空き容量、使用割合を確認するSQLです。 サンプル 例)表領域のサイズ、使用量、空き容量、使用割 ...
ORACLE

[PL/SQL] ループ処理中にスキップする(CONTINUE)

ループ処理中にカレント処理をスキップして次のループ処理を行うには、 CONTINUEを使用します。 サンプル 以下2つの ...

スポンサーリンク