ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブル列の型やサイズを変更する

投稿日:

列の型やサイズを変更するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。

構文

(列を定義変更する構文)
ALTER TABLE テーブル名 MODIFY (col1 定義 [, col2 定義 ..]);

複数列の定義を同時に設定できます。

サンプル

例)mytblテーブルの定義を col1→VARCHAR2(10)、col2→NUMBER(3,0)にする

実行例
SQL> ALTER TABLE mytbl MODIFY(col1 VARCHAR2(10), col2 NUMBER(3,0)); 表が変更されました。

解説

  • 定義を変更する時は、全てのデータを変更後の定義に合致するように更新しておく必要があります。
  • サイズを小さくする時に大きすぎるデータがあると以下のようなエラーが発生します。
    (文字の場合)ORA-01441:大きすぎる値があるため、列の長さを減らせません。
    (数値の場合)ORA-01440:精度またはスケールを下げるには、修正する列を空にする必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] プロファイル情報を取得する

プロファイルの情報を参照するには、 PROFILESデータディクショナリビューを参照します。 PROFILESデータディ ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル名の一覧を取得する

テーブル名の一覧を取得するには、tabシノニムを検索すればOKです。 tabは、USER_TABLESデータディクショナ ...
ORACLE

[PL/SQL] ループ処理中にスキップする(CONTINUE)

ループ処理中にカレント処理をスキップして次のループ処理を行うには、 CONTINUEを使用します。 サンプル 以下2つの ...
ORACLE

[データディクショナリ] ストアドなどのソース情報を取得する

プロシージャやファンクションなどのソース情報を取得するには、SOURCEデータディクショナリを検索します。 SOURCE ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。 サンプル 例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL [ ...

スポンサーリンク