ORACLE機能

[ORACLE] 排他ロックを行う(for update nowait)

投稿日:

排他ロックをかけるには、for update または、for update nowaitを使います。

構文

排他ロックには、ロック時に待つパターンと待たないパターンがあります

(構文 - ロックされていた場合は即時排他エラーとする場合)
<SELECT文> for update nowait
(構文 - ロックされていた場合はロックが解除されるまで待機する場合)
<SELECT文> for update

サンプル

例)排他ロックを掛けて検索する(ロック中の場合は待つ)

SQL*Plus
SQL> select * from m_user where user_cd = '001' for update; USER_CD USER_NM --------- --------------- 001 xxx

この場合、対象データがロック済みの場合は待ち状態になります。

例)排他ロックを掛けて検索する(ロック中の場合は即エラーとする)

SQL*Plus
SQL> select * from m_user where user_cd = '001' for update nowait; USER_CD USER_NM --------- --------------- 001 xxx

この場合、対象データがロック済みの場合は即エラーとなります。

※ロック済みの場合は以下のような結果となります。

SQL> select * from m_user where user_cd = '001' for update nowait; * 行1でエラーが発生しました。: ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

解説

  • for update(for update nowait)で掛けたロックを解除するには、commitまたはrollbackを実行すれば解除できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています ...
ORACLE

[SQL*Plus] EDIT機能を使う

EDIT機能を使うと、SQL*Plus上でストアドを修正しながら実行するといった事が可能で、とても効率よく開発することが ...
ORACLE

[SQL*Plus] 数値の表示形式を設定する(set numformat)

数値の表示形式を設定するには、「numformat」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show numfo ...
ORACLE

[PL/SQL] コメントを付ける

PL/SQLでコメントを付けるサンプルです。 構文 (1行コメント) -- コメント (複数行コメント) /* コメント ...
ORACLE

[ORACLE] データファイルを削除する

データファイルを削除するサンプルです。 サンプル 例)表領域「tbs01」のデータファイル「C:¥ORACLE& ...

スポンサーリンク