ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] ORACLEクライアントが複数インストールされている環境で、どのORACLEクライアントが使われているか調べる

投稿日:

ORACLEクライアントが複数インストールされているマシンで、現在どのORACLEクライアントが使われているか調べる方法です。

手順

例えば以下のように3つのクライアントがインストールされているとします。

(オラクルクライアントがインストールされている場所)
C:\oracle\product\11.2.0\client_1\ C:\oracle\product\11.2.0\client_2\ C:\oracle\product\11.2.0\client_3\

① コマンドプロンプトにてPATHを表示する

コマンドプロンプト
c:¥>path PATH=C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_91¥bin;C:¥oracle¥product¥11.2.0¥client_3¥bin;C:¥Program Files¥...

PATHを表示させた例です。

② PATHの値を確認する

PATHで表示された中から、①のパスの中で一番初めに表示されたものが現在使用されているオラクルクライアントです。

今回の例でいうと、「C:¥oracle¥product¥11.2.0¥client_3¥bin;」が一番初めに表示されているので、3番目のクライアントが使用されていると判断できます。

補足

  • クライアントのバージョンが分かれば事足りる場合は、「sqlplus -version」でクライアントのバージョンを確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 集計した件数でソートする

集計した件数でソートするには、ORDER BY句にCOUNT関数を記述すればOKです。 サンプル 以下テーブルをサンプル ...
ORACLE

[データディクショナリ] オブジェクトの情報を取得する

オブジェクトの情報を参照するには、 OBJECTSデータディクショナリビューを参照します。 オブジェクトとは、テーブルと ...
ORACLE

[集計関数] 合計値を求める(SUM)

検索結果を集計して合計値を求めるには、SUMを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...
ORACLE

[ORACLE] Date型を指定した単位で四捨五入する(round)

Date型を指定した単位で四捨五入するには、ROUND関数を使用します。 サンプル 例)Date型日付を月単位で四捨五入 ...
ORACLE

[データディクショナリ] 表の統計情報変更履歴を取得する

表の統計情報変更履歴を参照するには、XXX_TAB_STATS_HISTORYデータディクショナリビューを参照します。 ...

スポンサーリンク