ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] ORACLEクライアントが複数インストールされている環境で、どのORACLEクライアントが使われているか調べる

投稿日:

ORACLEクライアントが複数インストールされているマシンで、現在どのORACLEクライアントが使われているか調べる方法です。

手順

例えば以下のように3つのクライアントがインストールされているとします。

(オラクルクライアントがインストールされている場所)
C:\oracle\product\11.2.0\client_1\ C:\oracle\product\11.2.0\client_2\ C:\oracle\product\11.2.0\client_3\

① コマンドプロンプトにてPATHを表示する

コマンドプロンプト
c:¥>path PATH=C:¥Program Files¥Java¥jdk1.8.0_91¥bin;C:¥oracle¥product¥11.2.0¥client_3¥bin;C:¥Program Files¥...

PATHを表示させた例です。

② PATHの値を確認する

PATHで表示された中から、①のパスの中で一番初めに表示されたものが現在使用されているオラクルクライアントです。

今回の例でいうと、「C:¥oracle¥product¥11.2.0¥client_3¥bin;」が一番初めに表示されているので、3番目のクライアントが使用されていると判断できます。

補足

  • クライアントのバージョンが分かれば事足りる場合は、「sqlplus -version」でクライアントのバージョンを確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。 サンプル 以下2つのサンプルは同じ動きをします。 ...
ORACLE

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばして順位を付ける(RANK~PARTITION BY)

検索結果をグループ単位で順位を飛ばして順位を付けるには、RANK~PARTITION BY句を使用します。 順位を飛ばし ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00972: 識別子が長すぎます

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00972: 識別子が長すぎます (英語) ORA-00972: ide ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 年月日から消費税率を返すFunction

YYYYMMDD形式の日付文字列を渡すと、対象日の消費税率を返すFunctionです。 サンプルFunction 例)年 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 絶対値を求める(ABS)

絶対値を求めるには、ABS関数を使用します。 構文 (絶対値を求める構文) ABS(<数値>) サンプルコード 例)-1 ...

スポンサーリンク