ORACLE操作

[ORACLE] 接続するコンテナを切り替える

投稿日:2022年4月18日 更新日:

CDB構成のデータベースで、接続先のコンテナを切り替える方法です。

構文

(接続先コンテナを切り替える)
ALTER SESSION SET CONTAINER = <コンテナ名>;

サンプル

例1)PDBコンテナ「mydb」に切り替える

実行例
SQL> ALTER SESSION SET CONTAINER = mydb; セッションが変更されました。

例2)ルートコンテナに切り替える

実行例
SQL> ALTER SESSION SET CONTAINER = CDB$ROOT; セッションが変更されました。

「CDB$ROOT」はルートコンテナのことです。

解説

  • CDB、PDBどちらのコンテナも指定できます。

関連記事


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク