ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 列の定義を変更する(ALTER TABLE ~ MODIFY)

投稿日:2017年3月30日 更新日:

テーブルの列の型や桁数を変更したい場合は、ALTER TABLE ~ MODIFYを使用します。

構文

(列定義変更の構文)
ALTER TABLE <テーブル名> MODIFY(<列名> <型>, ...);

サンプルソース

例)M_SYAIN表のname列をVARCHAR2(50)、age列をNUMBER(3,0)に変更する

メモ

  • 変更後の定義に合致しないデータが存在する場合は変更できません。
    (例)5桁の数値がすでに存在する列を、NUMBER(3,0)に変更するなど
    そのような場合は、該当データを削除後にALTER TABLEを実行してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。 (英語) ORA-12 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位毎の件数を取得する(COUNT~OVER)

指定した単位毎の件数を取得するには、COUNT~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_ ...
ORACLE

[データディクショナリ] 表の統計情報変更履歴を取得する

表の統計情報変更履歴を参照するには、XXX_TAB_STATS_HISTORYデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00932:データ型が一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00932: データ型が一致しません ORA-00932: データ型が一 ...
ORACLE

[PL/SQL] GOTO文を使う

GOTO文を使ったサンプルです。 GOTO文を使うと、処理を特定の場所に飛ばすことができます。 サンプル 例)引数が1の ...

スポンサーリンク