ORACLE機能 動的パフォーマンスビュー

[V$表] 表領域の情報を取得する(V$TABLESPACE)

投稿日:2017年3月31日 更新日:

制御ファイルからの表領域の情報を参照するには、V$TABLESPACEビューを参照します。

V$TABLESPACEの定義

V$TABLESPACEの定義です。

【V$TABLESPACE】
列名メモ
TS#NUMBER表領域番号
NAMEVARCHAR2(30)表領域名
INCLUDED_IN_DATABASE_BACKUPVARCHAR2(3)
BIGFILEVARCHAR2(3)YES:BIGFILE表領域
NO:SMALLFILE表領域
FLASHBACK_ONVARCHAR2(3)
ENCRYPT_IN_BACKUPVARCHAR2(3)YES:表領域レベルで暗号化されている
NO:表領域レベルで暗号化されていない

サンプル

V$TABLESPACEを検索するサンプルです。

例)表領域の情報を取得する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 動的パフォーマンスビュー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 日付型を比較する

日付型どうしを比較するには、不等号記号で比較すればOKです。 サンプル 例)test_tbl.dt列(DATE型)が'2 ...
ORACLE

[データディクショナリ] テーブル列のコメントの情報を取得する

テーブル列のコメントの情報を参照するには、 COL_COMMENTSデータディクショナリビューを参照します。 COL_C ...
ORACLE

[データディクショナリ] ストアドオブジェクトのエラー情報を取得する

ストアドオブジェクトのエラー情報を参照するには、XXX_ERRORSデータディクショナリビューを参照します。 XXX_E ...
ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...
ORACLE

[PL/SQL] 定数を使う(CONSTANT)

PL/SQLで定数を使用するには、CONSTANTキーワードを使用します。 サンプル 例)定数を定義する [crayon ...

スポンサーリンク