ORACLE機能 動的パフォーマンスビュー

[V$表] インスタンスの情報を取得する(V$INSTANCE)

投稿日:2017年4月1日 更新日:

インスタンスの情報を参照するには、V$INSTANCEビューを参照します。

V$INSTANCEの定義

V$INSTANCEの定義です。

【V$INSTANCE】
列名メモ
INSTANCE_NUMBERNUMBERインスタンス番号
INSTANCE_NAMEVARCHAR2(16)インスタンス名
HOST_NAMEVARCHAR2(64)ホスト・マシン名
VERSIONVARCHAR2(17)データベースのバージョン
STARTUP_TIMEDATEインスタンスの起動日時
STATUSVARCHAR2(12)インスタンスの状態
 STARTED:STARTUP NOMOUNT後
 MOUNTED:STARTUP MOUNTまたはALTER DATABASE CLOSE後
 OPEN:STARTUPまたはALTER DATABASE OPEN後
 OPEN MIGRATE:ALTER DATABASE OPEN後
PARALLELVARCHAR2(3)
THREAD#NUMBER
ARCHIVERVARCHAR2(7)
LOG_SWITCH_WAITVARCHAR2(15)
LOGINSVARCHAR2(10)
SHUTDOWN_PENDINGVARCHAR2(3)
DATABASE_STATUSVARCHAR2(17)
INSTANCE_ROLEVARCHAR2(18)
ACTIVE_STATEVARCHAR2(9)
BLOCKEDVARCHAR2(3)

サンプル

例)インスタンスの情報を取得する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 動的パフォーマンスビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の表示を1ページ毎にストップさせる(set pause)

検索結果の表示を1ページ毎にストップさせるには、set pauseを使用します。 構文 ストップさせる場合はon、ストッ ...
ORACLE

[SQL*Plus] 1行の表示桁数を設定する(set linesize)

1行の表示桁数を設定するには、linesizeシステム変数を使用します。 構文 (表示構文) show linesize ...
ORACLE

[PL/SQL] ストアドを再コンパイルする

パッケージやプロシージャを再コンパイルするには、 ALTER PROCEDURE文 / ALTER PACKAGE文を使 ...
ORACLE

[SQL*Plus] OSのコマンドを実行する(host)

SQL*PlusからOSのコマンドを実行するには、hostを使用します。 構文 (OSのコマンドを実行する) host ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-02185: COMMITの後にWORK以外のトークンが指定されています ...

スポンサーリンク