ORACLE機能 SQL

[集計関数] 平均値を求める(AVG)

投稿日:2017年4月21日 更新日:

検索結果を集計して平均値を求めるには、AVGを使用します。

サンプル

以下のテーブルを例にします。

【M_SCORE】
IDNAMECLASSSCORE
001佐藤3A80
002鈴木3A60
003田中3A46
004伊藤3B78
005山田3B92
006高橋3B64

例)CLASS単位のSCOREの平均値を求める

結果
CLASS AVG(SCORE) ----- ------------ 3A 62 3B 78

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[DBMSパッケージ] スリープする(DBMS_LOCK)

スリープをするには、DBMS_LOCKパッケージを使用します。 サンプル 例)3秒スリープをする [crayon-5e5 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル名を変更する

テーブル名を変更するには、ALTER TABLE ~ RENAME TOを使用します。 構文 (テーブル名変更構文) A ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の表示を1ページ毎にストップさせる(set pause)

検索結果の表示を1ページ毎にストップさせるには、set pauseを使用します。 構文 ストップさせる場合はon、ストッ ...
ORACLE

[データディクショナリ] シノニムの情報を取得する

シノニムの情報を参照するには、 XXX_SYNONYMSデータディクショナリビューを参照します。 XXXの箇所には、DB ...
ORACLE

[SQL] '%'や'_'をLIKE検索する

LIKE検索する時のキーワードである '%' と '_' をLIKE検索で使いたい場合は、 escapeを使用します。 ...

スポンサーリンク