ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] 大文字・小文字を変換する(UPPER, LOWER)

投稿日:2017年4月2日 更新日:

大文字・小文字を変換するには、UPPERまたはLOWERを使用します。

構文

(大文字にする)
UPPER(<文字列>)
(小文字にする)
LOWER(<文字列>)

サンプル

例)aBcDeFgを全て大文字にする

結果
upper('aBcDeFg') ------------------------ ABCDEFG

例)aBcDeFgを全て小文字にする

結果
lower('aBcDeFg') ------------------------ abcdefg

メモ

  • 対象は、半角英字のみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] テンポラリーテーブルの一覧を取得する

テンポラリーテーブルの一覧を取得するSQLです。 サンプル 例)テンポラリーテーブルの一覧を取得する [crayon-5 ...
ORACLE

[SQL*Plus] スクリプトファイル実行時のSQL表示/非表示を設定する(set echo)

スクリプトファイル実行時のSQL表示/非表示を設定するには、「echo」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) ...
ORACLE

[PL/SQL] 定数を使う(CONSTANT)

PL/SQLで定数を使用するには、CONSTANTキーワードを使用します。 サンプル 例)定数を定義する [crayon ...
ORACLE

[SQL] WHERE句で範囲指定をする(BETWEEN)

WHERE句で範囲指定したい場合は、BETWEENを使用します。 構文 (BETWEEN構文) <対象値> BETWEE ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01722: 数値が無効です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01722: 数値が無効です。 (英語) ORA-01722: inva ...

スポンサーリンク