ORACLE操作 ORACLE機能 サンプル共通関数

[サンプル共通関数] 年月日から消費税率を返すFunction

投稿日:2017年4月3日 更新日:

YYYYMMDD形式の日付文字列を渡すと、対象日の消費税率を返すFunctionです。

サンプルFunction

例)年月日から消費税率を返すFunction

使用例

例)2017/04/01の消費税率を取得する

SQL*Plus
SQL> SELECT F_GETTAX('20170401') FROM dual; F_GETTAX('20170401') ------------------------- 8

メモ

  • 存在しない日付文字列を指定した場合はnullが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能, サンプル共通関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] データベースに接続せず、SQL*Plusのみ起動する

データベースに接続せず SQL*Plusのみ起動するには、/nologオプションを使用します。 サンプル 例)SQL*P ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムア ...
ORACLE

[SQL*Plus] よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする

よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする方法です。 手順 1.テンプレートを置いておくフォルダを作成する ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのロックを解除する

パスワードを規定数以上間違えたなどでアカウントがロックされた場合に、ロック状態を解除するサンプルです。 サンプル 例)ユ ...
ORACLE

[ORACLE] 連続文字を桁数指定で出力する

連続する文字を桁数指定で出力するサンプルです。 ※VBのString関数のようなものです。 サンプル 例)「*」を10個 ...

スポンサーリンク