ORACLE機能 動的パフォーマンスビュー

[V$表] セッションの情報を取得する(V$SESSION)

投稿日:2017年3月18日 更新日:

セッションの情報を参照するには、V$SESSIONビューを参照します。

V$SESSIONの定義

V$SESSIONの定義です。

【V$SESSION】
列名メモ
SADDRRAW
SIDNUMBERセッション識別子
SERIAL#NUMBERセッション・シリアル番号 セッションを一意に判別するために使用
AUDSIDNUMBER
PADDRRAW
USER#NUMBER
USERNAMEVARCHAR2(30)セッションのユーザ名
COMMANDNUMBER
OWNERIDNUMBER
TADDRVARCHAR2(8)
LOCKWAITVARCHAR2(8)
STATUSVARCHAR2(8)
SERVERVARCHAR2(9)
SCHEMA#NUMBER
SCHEMANAMEVARCHAR2(30)
OSUSERVARCHAR2(30)
PROCESSVARCHAR2(24)
MACHINEVARCHAR2(64)
PORTNUMBER
TERMINALVARCHAR2(30)
PROGRAMVARCHAR2(48)
TYPEVARCHAR2(10)
SQL_ADDRESSRAW
SQL_HASH_VALUENUMBER
SQL_IDVARCHAR2(13)
SQL_CHILD_NUMBERNUMBER
SQL_EXEC_STARTDATE
SQL_EXEC_IDNUMBER
PREV_SQL_ADDRRAW
PREV_HASH_VALUENUMBER
PREV_SQL_IDVARCHAR2(13)
PREV_CHILD_NUMBERNUMBER
PREV_EXEC_STARTDATE
PREV_EXEC_IDNUMBER
PLSQL_ENTRY_OBJECT_IDNUMBER
PLSQL_ENTRY_SUBPROGRAM_IDNUMBER
PLSQL_OBJECT_IDNUMBER
PLSQL_SUBPROGRAM_IDNUMBER
MODULEVARCHAR2(48)
MODULE_HASHNUMBER
ACTIONVARCHAR2(32)
ACTION_HASHNUMBER
CLIENT_INFOVARCHAR2(64)
FIXED_TABLE_SEQUENCENUMBER
ROW_WAIT_OBJ#NUMBER
ROW_WAIT_FILE#NUMBER
ROW_WAIT_BLOCK#NUMBER
ROW_WAIT_ROW#NUMBER
TOP_LEVEL_CALL#NUMBER
LOGON_TIMEDATE
LAST_CALL_ETNUMBER
PDML_ENABLEDVARCHAR2(3)
FAILOVER_TYPEVARCHAR2(13)
FAILOVER_METHODVARCHAR2(10)
FAILED_OVERVARCHAR2(3)
RESOURCE_CONSUMER_GROUPVARCHAR2(32)
PDML_STATUSVARCHAR2(8)
PDDL_STATUSVARCHAR2(8)
PQ_STATUSVARCHAR2(8)
CURRENT_QUEUE_DURATIONNUMBER
CLIENT_IDENTIFIERVARCHAR2(64)
BLOCKING_SESSION_STATUSVARCHAR2(11)
BLOCKING_INSTANCENUMBER
BLOCKING_SESSIONNUMBER
FINAL_BLOCKING_SESSION_STATUSVARCHAR2(11)
FINAL_BLOCKING_INSTANCENUMBER
FINAL_BLOCKING_SESSIONNUMBER
SEQ#NUMBER
EVENT#NUMBER
EVENTVARCHAR2(64)
P1TEXTVARCHAR2(64)
P1NUMBER
P1RAWRAW(8)
P2TEXTVARCHAR2(64)
P2NUMBER
P2RAWRAW(8)
P3TEXTVARCHAR2(64)
P3NUMBER
P3RAWRAW(8)
WAIT_CLASS_IDNUMBER
WAIT_CLASS#NUMBER
WAIT_CLASSVARCHAR2(64)
WAIT_TIMENUMBER
SECONDS_IN_WAITNUMBER
STATEVARCHAR2(19)
WAIT_TIME_MICRONUMBER
TIME_REMAINING_MICRONUMBER
TIME_SINCE_LAST_WAIT_MICRONUMBER
SERVICE_NAMEVARCHAR2(64)
SQL_TRACEVARCHAR2(8)
SQL_TRACE_WAITSVARCHAR2(5)
SQL_TRACE_BINDSVARCHAR2(5)
SQL_TRACE_PLAN_STATSVARCHAR2(10)
SESSION_EDITION_IDNUMBER
CREATOR_ADDRRAW
CREATOR_SERIAL#NUMBER
ECIDVARCHAR2(64)

サンプル

例)接続しているユーザの一覧を取得する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 動的パフォーマンスビュー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] リサイクルビンの情報を取得する

リサイクルビンの情報を参照するには、RECYCLEBINデータディクショナリビューを参照します。 RECYCLEBINデ ...
ORACLE

[PL/SQL] テーブルと同じROWTYPEを定義する

既に存在するテーブルと同じTYPEを定義するには、%ROWTYPEを使用します。 サンプル M_PREFというテーブルを ...
ORACLE

[データディクショナリ] 制約の情報を取得する

制約の情報を参照するには、 CONSTRAINTSデータディクショナリビューを参照します。 CONSTRAINTSデータ ...
ORACLE

[ORACLE] リスナーの定義を調べる

リスナーの定義は、listener.oraファイルを確認します。 listener.oraファイルの場所 listene ...
ORACLE

[ORACLE] 大文字小文字の区別なく検索する

大文字小文字の区別なく検索するサンプルです。 サンプル 検索値をUPPERですべて大文字にしたものに、大文字で検索をすれ ...

スポンサーリンク