ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] 検索結果の件数を表示する(set feedback)

投稿日:2017年5月30日 更新日:

検索結果の件数を表示するには、feedbackを設定します。

構文

(構文)
set feedback [on|off|数値]

サンプル

例)検索結果件数を件数に係わらず表示する

SQL*Plus
SQL> set feedback on SQL> select sysdate from dual; SYSDATE -------- 17-05-30 1行が選択されました。 SQL>

例)検索結果件数を表示しない

SQL*Plus
SQL> set feedback off SQL> select sysdate from dual; SYSDATE -------- 17-05-30 SQL>

例)検索結果件数が3件以上の場合のみ表示する

SQL*Plus
SQL> set feedback 3 SQL> select * from tab where rownum < 3; TNAME TABTYPE CLUSTERID ------------------- ----------- ---------- M_AAA TABLE M_BBB TABLE SQL> select * from tab where rownum < 4; TNAME TABTYPE CLUSTERID ------------------- ----------- ---------- M_AAA TABLE M_BBB TABLE M_CCC TABLE 3行が選択されました。 SQL>

解説

  • デフォルト値は6です。(6件以上の場合のみ表示する)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク