ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] カーソルのOPEN~FETCH処理を行う(明示カーソル)

投稿日:2018年1月18日 更新日:

OPEN~FETCH構文を使ってカーソル処理を行うサンプルです。
このカーソル処理は、明示カーソルと呼びます。

サンプル

【test_tbl】
IDNAMEAGE
001富田25
002山下53

例)test_tblテーブルからカーソルで値を抽出して表示するサンプル

DBMS_OUTPUTを使うには、事前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

実行結果
ID ⇒001 NAME ⇒富田 AGE ⇒25 ID ⇒002 NAME ⇒山下 AGE ⇒53

名前付きカーソル属性

カーソルのOPEN~CLOSE内では、名前付きカーソル属性で様々な値を取る事ができます。
以下は名前付きカーソル属性の一覧です。

【名前付きカーソル属性】
明示カーソル属性メモ
%ISOPENカーソルがOPENされている場合はTRUE
%FOUND直前にフェッチした内容が存在する場合はTRUE
%NOTFOUND直前にフェッチした内容が存在しない場合はTRUE
%ROWCOUNTカーソルの件数をを取得する

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク