ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] 文字列から正規表現に合致した箇所を取り出す(REGEXP_SUBSTR)

投稿日:

文字列から正規表現に合致した箇所を取り出すには、REGEXP_SUBSTR関数を使用します。

構文

(REGEXP_SUBSTR構文)
REGEXP_SUBSTR(文字列, 正規表現 [, 開始位置, 取り出す番目, 検索モード])

開始位置、取り出す番目、検索モードは省略可です。

サンプル

例)文字列から初めて1文字以上の数値に合致する部分を取得する

例)文字列から2番目に1文字以上の数値に合致する部分を取得する

例)文字列の7文字目以降で、2番目に1文字以上の数値に合致する部分を取得する

解説

  • 検索モードは以下の通りです。
     'i':大文字/小文字を区別しない
     'c':大文字/小文字を区別する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] tnsnames.oraの設定

オラクルクライアントからオラクルデータベースに接続するには、tnsnames.oraファイルに接続情報を設定します。 設 ...
ORACLE

[データディクショナリ] ユーザの情報を取得する

ユーザ(USER)の情報を参照するには、 USERSデータディクショナリビューを参照します。 USERSデータディクショ ...
ORACLE

[ORACLE] タイムゾーンを取得する

タイムゾーンを取得するには DBTIMEZONE、SESSIONTIMEZONE を使用します。 サンプル 例)データベ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12541: TNS: リスナーがありません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12541: TNS: リスナーがありません。 (英語) ORA-125 ...
ORACLE

[SQL*Plus] スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定する(set suffix)

スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定するには、「suffix」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) sh ...

スポンサーリンク