ORACLE機能 SQL

[集計関数] 合計値を求める(SUM)

投稿日:2017年4月19日 更新日:

検索結果を集計して合計値を求めるには、SUMを使用します。

サンプル

以下のテーブルを例にします。

【M_SCORE】
IDNAMECLASSSCORE
001佐藤3A80
002鈴木3A60
003田中3A45
004伊藤3B78
005山田3B92
006高橋3B64

例)CLASS単位のSCOREの合計値を求める

結果
CLASS SUM(SCORE) ------------------ 3A 185 3B 234

例)CLASS="3B"の最高点の名前を取得する

結果
NAME SCORE ------------------ 山田 92

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01400: NULLは挿入できません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01400: ("xxx"."xxx"."xxx")にはNULLは挿入で ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

スケジューラジョブを削除したい場合は、 DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。 サンプル ...
ORACLE

[ORACLE] CASE文でORA-00932が発生する場合

CASE文でORA-00932が発生する場合は、 分岐した結果の型が一致していない事が原因です。 サンプル 例えば、以下 ...
ORACLE

[SQL*Plus] データベースに接続せず、SQL*Plusのみ起動する

データベースに接続せず SQL*Plusのみ起動するには、/nologオプションを使用します。 サンプル 例)SQL*P ...

スポンサーリンク