ORACLE機能 SQL

[集計関数] 件数を求める(COUNT)

投稿日:2017年4月18日 更新日:

検索結果を集計して件数を求めるには、COUNTを使用します。

サンプル

以下のテーブルを例にします。

【M_SCORE】
IDNAMECLASSSCORE
001佐藤3A80
002鈴木3A60
003田中3A45
004伊藤3B78
005山田3B92

例)CLASS単位の件数を求める

結果
CLASS COUNT(*) ------------------ 3A 3 3B 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位毎の件数を取得する(COUNT~OVER)

指定した単位毎の件数を取得するには、COUNT~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_ ...
ORACLE

[ORACLE] SEQUENCEから値を取得する

シーケンスから値を取得するサンプルです。 最新の値を発番して取得する(NEXTVAL) 最新の値を発番して取得するには、 ...
ORACLE

[V$表] 実行されたSQLのSQL文を取得する(V$SQLTEXT、V$SQLTEXT_WITH_NEWLINES)

実行されたSQLのSQL文を取得するには、 V$SQLTEXT、V$SQLTEXT_WITH_NEWLINESビューを参 ...
ORACLE

[ORACLE] データベースに接続しているユーザ一覧を確認する

データベースに接続しているユーザ一覧を確認するSQLです。 サンプル 例)データベースにログインしているユーザ一覧を取得 ...
ORACLE

[PL/SQL] レコード(TYPE)の配列を作成する

レコード(TYPE)の配列を作成するサンプルです。 サンプル 例)TYPEの配列を作成して、内容を出力するプロシージャ ...

スポンサーリンク