ORACLE機能 SQL

[SQL] 「'」シングルクォーテーションを値として使用する

投稿日:2017年4月17日 更新日:

SQLでシングルクォーテーションを値として使用するには、シングルクォーテーションを2つ重ねて記述すればOKです。

サンプル

例)SELECTの条件に使用する

例)INSERTの値に使用する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] インデックスの情報を取得する

INDEX(索引)の情報を参照するには、 INDEXESデータディクショナリビューを参照します。 INDEXESデータデ ...
ORACLE

[PL/SQL] 配列(VARRAY)を生成する

配列(VARRAY)を生成するサンプルです。 サンプル 例)配列(VARRAY)を初期化・値セット・値取出しを行うサンプ ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのデフォルト表領域を確認する

ユーザのデフォルト表領域を確認するSQLです。 サンプル 例)ユーザ「taro」のデフォルト表領域を確認する [cray ...
ORACLE

[ORACLE関数] システムの情報を取得する(SYS_CONTEXT)

システムの情報を取得するには、SYS_CONTEXT関数を参照します。 構文 (構文) sys_context('use ...
ORACLE

[ORACLE] PROFILEを作成する

プロファイルを作成するサンプルです。 サンプル 例)プロファイル「PRO01」を作成する [crayon-5d6363a ...

スポンサーリンク