ORACLE機能 SQL

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

投稿日:

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。

INTERSECTは集合演算子のひとつです。

構文

(2つのSELECT結果の重複分を抽出する)
<SELECT文1> INTERSECT <SELECT文2>

SELECT文1の結果とSELECT文2の結果で重複したものが抽出されます。
(SELECT文1とSELECT文2で片方にしか存在しない結果が除かれる)

サンプル

【M_USER01】
CDNAME
101鈴木
102佐藤
103田中
【M_USER02】
CDNAME
104山田
105高橋
101鈴木

例)M_USER01とM_USER02の重複分を求める

結果
CD NAME ---- ------ 101 鈴木

101の鈴木さんは重複しているので、抽出対象となります。

メモ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 制約名を変更する

制約名を変更するには、ALTER TABLE~RENAME CONSTRAINT句を使用します。 構文 (制約名を変更す ...
ORACLE

[ORACLE] sqlplus接続時に接続文字列ではなく、IPやSIDで接続する

sqlplusでデータベースに接続する時に、通常はtnsnames.oraに設定した接続文字列で接続しますが、接続文字列 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムアウトしました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00054: リソース・ビジー。NOWAITが指定されているか、タイムア ...
ORACLE

[V$表] インスタンスの情報を取得する(V$INSTANCE)

インスタンスの情報を参照するには、V$INSTANCEビューを参照します。 V$INSTANCEの定義 V$INSTAN ...
ORACLE

[PL/SQL] SELECTした結果を直接変数にセットする(SELECT~INTO句)

SELECTした結果を直接変数にセットするには、SELECT~INTO句を使用します。 サンプル 例)TEST_TBLテ ...

スポンサーリンク