ORACLE機能 SQL

[SQL] 2つのSELECT結果の差分抽出する(MINUS)

投稿日:2017年10月12日 更新日:

2つのSELECT結果の差分を抽出するには、MINUSを使用します。

厳密にいうと、最初のSELECT結果から後のSELECT結果を除いた結果が返ります。
(最初のSELECT結果のみに存在するものが返る)

構文

(2つのSELECT結果の差分を抽出する)
<SELECT文1> MINUS <SELECT文2>

SELECT文1の結果からSELECT文2の結果を引いたものが抽出されます。

サンプル

【M_USER01】
CDNAME
101鈴木
102佐藤
103田中
【M_USER02】
CDNAME
104山田
105高橋
101鈴木

例)M_USER01とM_USER02の差分を求める

結果
CD NAME ---- ------ 102 佐藤 103 田中

102佐藤さんと103田中さんは、前のSQL結果のみに存在しているので抽出対象となります。

後のSQL結果のみに存在する104山田さんと105高橋さんは、抽出対象となりません。

メモ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-00439: 機能は有効ではありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00439: 機能は有効ではありません:xxx (英語) ORA-004 ...
ORACLE

[SQL*Plus] システム変数変更時に変更前と後の値を表示するように設定する(set showmode)

システム変数の変更前と後の値を表示するように設定するには、「showmode」システム変数を使用します。 構文 (表示構 ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのロックを解除する

パスワードを規定数以上間違えたなどでアカウントがロックされた場合に、ロック状態を解除するサンプルです。 サンプル 例)ユ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。 (英語) ORA-12 ...
ORACLE

[ORACLE] 再コンパイル用のSQL文を生成する

再コンパイル用のSQL文を生成するSQLです。 サンプル 例)再コンパイル用のSQL文を生成する [crayon-5c1 ...

スポンサーリンク