ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] ストアドを再コンパイルする

投稿日:2017年3月6日 更新日:

パッケージやプロシージャを再コンパイルするには、
ALTER PROCEDURE文 / ALTER PACKAGE文を使います。

サンプルコード

例)PROCEDUREをコンパイルする

例)PACKAGEをコンパイルする

メモ

  • コンパイルエラー内容を表示するコマンド「show error」は、①でコンパイルした場合は使えません。
  • エラー内容を確認するには、以下SQLで確認できます。
    SELECT * FROM ALL_ERRORS WHERE NAME = '<パッケージ名>';
    SELECT * FROM ALL_ERRORS WHERE NAME = '<プロシージャ名>';

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] べき乗を求める(POWER)

ORACLEでべき乗を求めるには、POWERを使用します。 サンプル 例)2の3乗を求める SQL*Plus SQL&g ...
ORACLE

[SQL] 縦持ちのテーブルから横持ちのデータとして検索する

縦持ちのテーブルから横持ちのデータとして検索するサンプルです。 サンプル 以下のような縦持ちのテーブルをサンプルとします ...
ORACLE

[ORACLE] ORAエラー番号からメッセージを確認する(sqlerrm)

ORAエラー番号からメッセージを確認したい場合は、sqlerrmを使用します。 サンプル 例)ora-00942のメッセ ...
ORACLE

[ORACLE] SEQUENCEから値を取得する

シーケンスから値を取得するサンプルです。 最新の値を発番して取得する(NEXTVAL) 最新の値を発番して取得するには、 ...
ORACLE

[ORACLE] 引数名を指定してファンクション、プロシージャを呼び出す

ファンクションやプロシージャの引数の指定方法には、位置表記法と名前表記法の2種類があります。 以下のようなプロシージャを ...

スポンサーリンク