ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] ストアドを再コンパイルする

投稿日:2017年3月6日 更新日:

パッケージやプロシージャを再コンパイルするには、
ALTER PROCEDURE文 / ALTER PACKAGE文を使います。

サンプルコード

例)PROCEDUREをコンパイルする

例)PACKAGEをコンパイルする

メモ

  • コンパイルエラー内容を表示するコマンド「show error」は、①でコンパイルした場合は使えません。
  • エラー内容を確認するには、以下SQLで確認できます。
    SELECT * FROM ALL_ERRORS WHERE NAME = '<パッケージ名>';
    SELECT * FROM ALL_ERRORS WHERE NAME = '<プロシージャ名>';

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] NESTED TABLE配列の要素を削除する(DELETE)

NESTED TABLE配列の要素を削除するには、DELETEを使用します。 サンプル 例)NESTED TABLE配列 ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。 INTERSECTは集合演算子のひとつで ...
ORACLE

[PL/SQL] テーブルと同じROWTYPEを定義する

既に存在するテーブルと同じTYPEを定義するには、%ROWTYPEを使用します。 サンプル M_PREFというテーブルを ...
ORACLE

[SQL*Plus] EDIT機能を使う

EDIT機能を使うと、SQL*Plus上でストアドを修正しながら実行するといった事が可能で、とても効率よく開発することが ...
ORACLE

[ORACLE] CASE文でORA-00932が発生する場合

CASE文でORA-00932が発生する場合は、 分岐した結果の型が一致していない事が原因です。 サンプル 例えば、以下 ...

スポンサーリンク