ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] 検索結果の表示を1ページ毎にストップさせる(set pause)

投稿日:2017年5月26日 更新日:

検索結果の表示を1ページ毎にストップさせるには、set pauseを使用します。

構文

ストップさせる場合はon、ストップさせない場合はoffを指定します。

(構文)
set pause [on|off|文字]

文字を指定すると、ストップする毎に指定した文字が表示されます。

サンプル

例)検索結果の表示を1ページ毎にストップさせる

コマンドプロンプト
SQL> set pause on

解説

  • デフォルトはoff(ストップしない)です。
  • ストップした画面から再度進めるには何かキーを押します。
  • ストップする単位は、pagesizeで指定されている行数です。
    ※show pagesizeで値を確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[PL/SQL] 直前に実行したSQLの処理件数を取得する(SQL%ROWCOUNT)

直前に実行したSQLの処理件数を取得するには、SQL%ROWCOUNTで取得できます。 サンプル 例)実行したUPDAT ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01821: 日付書式コードが無効です

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01821: 日付書式コードが無効です (英語) ORA-01821: ...
ORACLE

[ORACLE] データファイルが破損しているかどうか調べる(DBV)

データファイルが破損しているかどうか調べるには、DBVユーティリティを使用します。 構文 (データファイルの破損を調べる ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルに主キーを追加する

主キーを追加するには、ALTER TABLE~ADD CONSTRAINT句を使用します。 主キー(プライマリーキー)は ...

スポンサーリンク