ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] プロンプトの前に時刻を表示する(set time)

投稿日:2017年5月25日 更新日:

プロンプト(例:SQL>)の前に現在時刻を表示するには、set timeを使用します。

構文

時刻を表示させる場合はon、させない場合はoffを指定します。

(構文)
set time [on|off]

実行例

例)SQL>の前に時刻を表示する

コマンドプロンプト
SQL> set time on 21:39:56 SQL>

解説

  • デフォルト値はoff(表示しない)です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] マテリアライズドビューの情報を取得する

マテリアライズドビューの情報を参照するには、 MVIEWデータディクショナリビューを参照します。 以下、マテリアライズド ...
ORACLE

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。 シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクト ...
ORACLE

[SQL*Plus] データベースに接続せず、SQL*Plusのみ起動する

データベースに接続せず SQL*Plusのみ起動するには、/nologオプションを使用します。 サンプル 例)SQL*P ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルクライアントがインストールされている場所を探す

オラクルクライアントがインストールされている場所を探す方法です。 手順 オラクルクライアントがインストールされると、環境 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 1行の表示桁数を設定する(set linesize)

1行の表示桁数を設定するには、linesizeシステム変数を使用します。 構文 (表示構文) show linesize ...

スポンサーリンク