ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] プロンプトの前に時刻を表示する(set time)

投稿日:2017年5月25日 更新日:

プロンプト(例:SQL>)の前に現在時刻を表示するには、set timeを使用します。

構文

時刻を表示させる場合はon、させない場合はoffを指定します。

(構文)
set time [on|off]

実行例

例)SQL>の前に時刻を表示する

コマンドプロンプト
SQL> set time on 21:39:56 SQL>

解説

  • デフォルト値はoff(表示しない)です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。 自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、  デー ...
ORACLE

[ORACLE] オブジェクトのステータスを取得する

オブジェクトのステータスを取得するには、all_objectsデータディクショナリのstatus列を確認すればOKです。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00439: 機能は有効ではありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00439: 機能は有効ではありません:xxx (英語) ORA-004 ...
ORACLE

[SQL*Plus] カラムにフォーマットを指定する

SQL*Plusではカラムにフォーマットを指定して結果を表示することができます。 構文 (SELECTの結果の列幅を指定 ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。 INTERSECTは集合演算子のひとつで ...

スポンサーリンク